「Wein」タグアーカイブ

On celebratory occasions


朝から仰々しく桜茶で始まる今日はそういう日、ではあるが、毎度のことながらお子様達の動向が気になって仕方がない。次回は10年単位となるであろう慶事にあって、数少ない子供として華は添えられただろうか。帰京するまで気は抜けない。

Odd


当夜はちらし寿司の余りごはんと、肉団子スープ、かぼちゃサラダで晩飯。このサラダは信州土産のかんてんぱぱのドライフルーツミックス入り。例年若干の余りを期待していた運動会弁当のおかずは好評だったのか殆ど残らず。お子様達も食べ盛りに入ってきたかも。

Have a long toad to travel‬



‪月1恒例の圧力鍋ごはん。‬
‪おかずに餃子と冷しゃぶもつけるが、この時はおかずの量は控えめ。軽く晩酌ののち、一旦口をすすいでからご飯に移るが、今回も炊き上がりは柔らかめだったようだ。おこげの形跡も無く、まだまだ水分は少なくてもよい様子。

As always

当夜は忘れた頃にやってくる焼き餃子とする。いつも通り、軽く蒸し煮気味に火を通し、仕上げに水分を飛ばして焼き上げる。ご飯の友となることを考慮してワカメとゴマと鶏ガラの素でスープを添えるが、こちらはワインで一杯。

Served heated‬

当夜は白菜の浅漬けと塩をまぶして焼いたブリの切り身とホットワイン。 暦の上では春ということになっているが、夜間の冷え込みはそれなりに残っており、温めた酒はまだまだ楽しめる。今シーズン2本目として、白を開封。

Black wine …?‬


黒ワインとの邂逅。赤よりも濃い外見に似合わず存外に渋み少なめ。光に当てると、紫を帯びているように見えなくもない。茄子の皮も同様だが、時として紫が濃くなると黒になって見えるものが多いようにみえ?のは気のせいか。飲むのも楽しいが、色の変化が気になる一品。

Create an atmosphere ‬

当夜は牛肉と玉ねぎをダシつゆと共に炒め煮にし、牛丼もどきとする。ストックから出してきたもずくのスープと、先日の信州土産の中からワインのミニボトルを添える。普段は酒は適宜グラスに移すが、今回はお猪口サイズのカップを使い車中で一杯の気分。

Sugarcoat

‪当夜は焼き鯖とさつまいも&ブロッコリーのサラダ、大豆入り切り干し大根の煮物をホットワインと共にいただく。しかしこれらは先日までの作り置きを引っ張りだしてきただけ。作り置きも盛り方ひとつ…かもしれないが、そんな芸当ができるだけのストックが必須だが。

Well-done

‪頂き物のサツマイモを大きめに切って蒸し、ブロッコリー、人参、ハムなど、これまた大きめの具と一緒に混ぜてサラダにまとめる。‬
‪今夜はこの一本を開封、といきたくなるくらい鮮やかな色合いと仕上がり。ホットワインあたりを付けたくなる気分だ。

Sloppy



トマトと卵の炒め物を試す。市販の炒め物ソースを使ってみたが、元のトマトが水々しいのか、そのままスープご飯に転用できそうな位に汁気が多い。これはこれでお腹に優しそうなのは儲けものだが、炒め物ソースの代わりに鶏がらスープ顆粒などでの味付けもよさげ。