「Wein」タグアーカイブ

Snack on


当夜は卒園式からの謝恩会で色々と食べてくる、と踏んで晩飯は軽めにトマトソースのパスタを用意したは良いが、嫁もムスコも存外に食べてきた量が少なかった様子。腹八分、のつもりが本当に軽食になってしまった。追加の品は様子を見ながら。

Burnt …?


久々のキッシュもどき。余り物のドレッシングで味をつけた卵にほうれん草やベーコンなどをたっぷり入れて15分程蒸し焼きにしたが、黒焦げのように見えてこんがりの範疇の味という、なかなか面白い仕上がり。毎度、蓋を開けてみないとわからないヒヤヒヤものだ。

Garlic


当夜はタレ漬け肉と長芋の炒め物。醤油とニンニクの付けダレごと、一口大に切った長芋と一緒に炒める。歯ごたえを適度に残しつつ、程よく火が通ったところで火からおろす。先日買っておいた赤ワインとともに晩酌タイム。

Spicy flavor


当夜はシメジを使ったカレー。他の具には薄切り肉と人参だけのシンプルな編成とするが、具からの甘みが染み出しはそれなりにあるのか、今回も甘めの仕上がり。山ぶどうのワインと辛さちょい足しスパイスを添えていただく。

Dried fruit


当夜はいつものミートボールトマト煮に、ポテトサラダを追加。具に入れたドライフルーツとマヨネーズは以前のかぼちゃサラダと同じ組み合わせのはずだが、同じものを使っている気がしない仕上がり。発掘品の山葡萄ワインと共にいただく。

Casserole (reprise)


再びのミルフィーユ鍋もどき。今回は前回よりも大きな鍋に豚肉と白菜を一杯に敷き重ねて蒸し焼き。出てきた水分を丸ごとスープ仕立てにして晩飯とする。根元に近いところは鍋の下側に重点的に集めて加熱したこともあってか、所々透明感を出している。

Belated


吉例に従い国立駅前の酒屋で予約し解禁日に受け取っておいたもののTOEIC本番が終わるまでは、と延ばしていたボジョレーを開封。ちらし寿司とご近所の店の唐揚げと共にいただく。これでちらし寿司の材料は消化完了。毎度のことながら、ボジョレーは開封時が一番楽しいお祭り。

Setout


当夜は黒豆入りのカレーとキャベツの甘酢漬けとする。お弁当用のナゲットの備蓄が期限切れ間近のため、カレーは肉抜きとし、代わりにナゲットを添える。器が細長いものまたはステンレスあたりならば、カレー屋の雰囲気にはなるだろうか。

Steam oven


ムスコが幼稚園で掘ってきた芋を、レンジ蒸しにかけてみる。1.5〜2cm厚に切り、30分程レンジにお任せ。買って数年のレンジでは初使用の機能だが、仕上がりは蒸し器と遜色なく、なかなか使えそうだ。当夜は餃子スープと焼き鮭と共にいただく。

Travel-size


当夜はほうれん草や玉ねぎ、コーンなどの野菜カレーと松本土産のロゼ。ワインは旅の気分を味わうと称して添付のカップで少しづついただく。普段が駆け足気味のため、機会があればもうすこしゆっくりと、3時間以上を列車の中で過ごしたいものだ。