Transportable

130104_2230~02.jpg

毎度のことながら、富山の実家に帰ると通信環境はがらりと変わる。この付近はある意味ブロードバンドの真空地帯と言ってもよさそうだ。

ケータイは見晴らしの良さが災いして色々な電波を拾ってしまい、WiMAXも微妙なところで届かない。手元のiPhoneは勿論「3G」表示であり、光ケーブルはもちろん、ADSLもサービス提供圏外ときた。これはできすぎている。

…幸いにしてそうなることを見越してか数年前の時点で富山県内の全域に自治体が自前でCATV網を数年前に作ってしまっており、我が家にもそれを大広間付近に引き込んでおいてある。あとはそれに無線LANのアダプタを追加してやれば、スマホもそれなりに使える環境の出来上がり。

世間様から見れば高速とは言えない方だが、Skypeのテレビ電話の運用には全く支障しないようだ。元々このアダプタは出張対策として導入したものだが、こういう使い方もありといえばありか。

Last Updated on 2020/05/20