Tap a reserve

121202_1506~01.jpg 121128_0017~01.jpg

頃合いをみてボチボチと進めていた食料庫のお掃除もいよいよ大詰め。
夏から持ち越しとなっていた素麺の箱の中身が、今回のまとめ茹でにてようやくはけた。所要期間は約半年。随分と長かった。

この他にも賞味期限の迫った食材がそこそこある。
日常食材はもちろんだが、この防災用RITZ缶もその1つ。買ったのは5年前で、丁度1.17が近づいていたのと、当時の住居の近くに防災倉庫があり、年に一度の備蓄品放出会をやっていたのが購入のきっかけだったろうか。

一人で食べるには随分な量が入っており中身の消化には少々苦労しそうだが、これに限っては無事に賞味期限切れを迎えることができなによりである。
…しかし代替品がなかなか売っていない。喉元過ぎれば熱さ忘れる、となっていないか?

Last Updated on 2020/05/20