Machiavellian

街へ出ると、駅前では秋祭りで露店が並び、大層な賑わいとなっていた。
その雑踏よりも更に大きな声で、高らかに牛丼復活を謳う吉野家の店員が立っていた。
[image]
たまには策略に乗ってみるか、ということで並盛をテイクアウト。期間限定の牛丼復活とはいえ、店内は結構な賑わい。本当に牛丼教信者がいるような気さえする。
自宅に着くなり食したが、前回食べてから何年経過していたかすら思い出せない位の月日が経過しており、それが従前の味だったかどうかも思い出せない。少なくとも黄色い看板の牛丼もどきよりはましな味であるのは確かだ。


現在地に引っ越してから2年が経つが、牛丼から遠ざかった期間はそれよりも長いはず。気がつけばかつて仕事帰りに何度となく食べに行った某所の吉野家は、既に移転もしくは閉店していたようだ。

Last Updated on 2006/11/04