「駅弁」タグアーカイブ

Fastest


帰り道、かがやきの車中でつるぎを食す。そういう名前の幕の内弁当ではあるが、ますや昆布をはじめ富山で割と見かけたことのある品がちらほら。車内販売のビールを合わせて暫しの晩酌タイム。どうやらこのかがやき、上野通過の最速タイプのようだ。食べ終わりの頃にはどこにいるやら。

Make sure to


入籍記念日。年明けのお受験本番に向けての勉強を車中でやりつつも、嫁への差し入れは忘れずに調達。カツサンドと助六寿司というほろ酔い千鳥足を期待されそうな陣容だが、千鳥足帰宅は合格後または土日のお楽しみ…としておこう。実際にそれをやるかはさておき。

Hour of bliss


無事に『所用がお開き』となり、帰京の途に着く。あずさの車中で久々の月見五味めしで腹ごしらえをし、すごく硬いどら焼きアイスの解凍を待ちつつ、すごく硬いアイスをコーヒーと共にアフォガート仕立てでいただき、ひとときを過ごす。中央道を走るのもよいが、こうはいかない。

Abord


朝から諸々の支度をしつつお子様達の学校&幼稚園の上がりを待ち構え、松本での所用に向かう。軽めの晩酌と称して焼きずんだ豆とビールを買ったは良いが、ずんだ豆の味と香りを娘が気に入ってしまい、半分近くは食べられた気がする。望む望まざるに関わらず親子は似るようだ。

Commute …?‬

‪朝の新幹線で名古屋にとんぼ返り。‬
‪東海道新幹線でのいつも通りとなるコーヒーとラジオとサンドイッチを入れつつ、暫し車中にて揺られる。所要時間と到着時刻からして、通勤とも思えるくらいの体感。乗り込む人々にスーツやクールビズの方々が多かったのも作用したかも。‬

Return in a day‬

‪名古屋から帰京。結構な時間帯となった。

明日も名古屋でお仕事であり、普通はお泊りとなる日程だが、事前に宿が確保されていなかったのをこれ幸いと、日帰り×2とする。
赤福や八丁味噌の煎餅、差し入れサンドイッチなど、お土産は今日のうちにほぼほぼ確保し、車中でコーヒーとラジオを入れつつ暫しの休息。‬

多少なりとも家事がこなせる。

A futile struggle …?‬

‪早朝出発。京へ行く。‬
‪東海道新幹線乗車時には毎回登場のコーヒーとサンドイッチとNHKラジオではあるが、今回はラジオのボリュームは控えめで参考書を広げつつ到着までのひとときを過ごす。

某お受験の本番まであと約半月。追い込みの足しになるかはさておき。‬

Buying channels

広島出張土産の整理。
嫁にあなご飯、お子様達にお好み焼きせんべい、みんなで広島菜ちりめん、自分用には賀茂鶴と宮島ビール。今回は駅で発車待ちの合間に買ってきたが、今度は西の車内販売で調達という選択肢もありうる、ということを新大阪を過ぎてから知る。悩ましい。

Away

‪嫁と娘はご近所のバレーボール大会で終日外出。ムスコと留守番…では1日もつわけがないと踏んで当初の予定通り電車三昧の外出とする。手始めに南武線→京浜東北線→横浜線と乗り継ぐ。‬
‪これでまたムスコがお腹いっぱいとなるかはこの後のお楽しみ。もちろんこれは序盤戦。‬

‪ムスコとの電車道は続く。‬
‪横浜からは東海道線→工事中の品川新駅経由→旧新橋停車場。乗ってきた電車と離れたその場所が昔の駅とはにわかには信じがたい様子のムスコではあったが、地下から顔を出すレールなどに納得の様子。‬

引き続きムスコと留守番を兼ねた電車道。旧新橋停車場をぐるりと見物しつつ、中の展示も見る。現在年長さんのムスコにはまだまだ難しい内容ではあるが、再現展示などで昔の駅の雰囲気は感じ取れたようだ。スタンプラリーのようなものをやりつつ、次の目的地に向かう。

‪まだまだ続くムスコとの電車道は昼飯も電車三昧。‬
‪新橋→山手線→東京駅と移動し、新幹線容器の駅弁2種を購入し、駅構内で昼食。‬
‪そして東北新幹線→ニューシャトルと乗り継ぎ大宮の鉄道博物館へ。ここからが本番。‬


‪鉄道博物館到着。入館には手持ちのSuicaも使えるらしいが、今回は往復乗車券付きクーポンの利用により、専用のカードと引き換え。早速あちこち見物開始。自分にとっては懐かしくもありムスコにとっては新しくもあるものが多々並ぶ構内にあって、目移りする必要は多分ない。‬

‪おやつの時間を過ぎてもまだまだ親子で鉄道博物館。‬
よほど気に入ったのか息子は時間を忘れたらしく、おやつをねだる様子が全くない。こんなことは今までにない。

‪勢いそのままに本館のみならず、外の展示、別館の絵本コーナーにその間のミニ電車など、年齢相応に楽しめるコーナーは一通り回ったかもしれない。博物館というよりは、細長い敷地を端から端までお散歩…である。残りは新館開館か大きくなってからのお楽しみ。‬

‪ムスコとの鉄道博物館は結局夕方近くまで滞在。今回の往復乗車券付き入場券セットの記念品などもいただきつつ、帰りに上越新幹線の2階からの眺めを堪能して帰ると、折からの人身事故復旧待ちもあって帰宅路は既に日暮れ。‬

‪帰宅後、お土産類を見てみるとお昼に食べた新幹線容器の弁当は完食御礼の切符付き。なかなか洒落たことを…。‬

Seek


松本の駅弁、月見五味(ごもく)めしに数年ぶりの再会を果たす。ワカサギや山菜などの山の幸がコンパクトにまとまっているこの一品、敢えてそうしているのかは定かでないが、信州やご当地エキスを前面に押し出していない。が、気がつくとはけている。何がそうさせるのかは謎。