秋を探しに

秋を探しに、昭和記念公園に出かけることにした。

20131124_103403.jpeg
手始めに、近所のレストランで秋刀魚のグリルランチ。こんな小洒落たレストラン、しかもギリシャ料理なんて珍しいものがあったとは。
腹ごしらえもそこそこに、いざ出発。
20131124_103403_2.jpeg
電車を乗り継いで、西立川に到着。お手製のピンボールがお出迎え。お約束通り、娘はこちらで遊びまくる。同様なお子様多数。
その間に、こちらはムスコを抱っこ紐で抱えて「秋」の探索開始。ここなら自然にたっぷり触れられそうな気がする昭和記念公園に入る。駅直結というのはありがたい。
20131124_103403_3.jpeg
まずは秋晴れ。今日の青空はひときわ澄んでいるような気がする。
20131124_103403_4.jpeg
西立川の入口付近には池が広がっていた。青空の下、スワンボート御一行様がひしめき合っている。夏場は涼しそうだが、今の時期はどうだろう。空気が多少冷たくても、こいでいる内に体が温まってくるだろうか?
そういえば、スワンボートは野尻湖で漕いだっきりだったろうか。しかも娘が産まれる前。
さて、これからコスモスを探しにいくとしよう。どこかにあるとは聞いていたが、園内は随分広い。どこにあるやら。
20131124_103403_5.jpeg
コスモス畑のある一角に向かって、公園内を巡る「パークトレイン」に乗車。木立のなかを「列車」で移動することにした。客車は屋根があるものの窓はなく、そよ風が通り抜けて爽快。今回はお子様連れ故、この列車で園内を回るが、園内は自転車持ち込みでも回ることができるようになっている。次の春がきたら、是非やってみたい。その頃にはムスコも自転車に乗せられるようになっているだろうか。
20131124_103403_6.jpeg

公園内を半周近く回った後、最寄りの停留所から少し歩くと「花の丘」付近に到着。見頃を少し過ぎてはいるものの、斜面を埋め尽くす、ピンク色のコスモスが広がる様は圧巻。少し引いて、遠目から見ると結構な絵になりそうだ。

20131124_212920.jpeg
…と、そこへ先程から何やら騒がしい音がするかと思えば、自衛隊の輸送ヘリ。
昭和記念公園の隣は、一大防災拠点でもある、自衛隊の立川基地がある。丁度伊豆諸島で土砂崩れがあったばかりで、その救助活動から帰ってきたところなのかもしれない。
なにを隠そうこの一帯は、旧日本軍&米軍の立川基地だったところであり、今は防災基地と物流基地になっている。
昭和記念公園も、立川基地の跡地の一部を使った施設だ。
20131124_212920_2.jpeg

次の場所へ行こうかとしていたら、道端にどんぐりを多数発見。 あれだけ広い敷地なら、ドングリの木が自生していてもおかしくないか。

20131124_212920_3.jpeg 20131124_212920_4.jpeg 20131124_212920_5.jpeg
園内の「こもれびの里」に、昭和30年代の武蔵野の農家を移築した一角があり、その隣に柿の木が植えられている。甘い柿なのか、既にカラスさんあたりがつついた跡も。そういえば、干し柿になるのは決まって渋柿だった。
20131124_212920_6.jpeg

柿以外にも、実を付けているものがたくさんあった。秋の七草を集めた「七草花壇」なるものがあり、目でも香りでも秋を堪能できる。さすがは地方空港一個分入るだけの敷地。東京ドーム換算で数えること自体が、馬鹿馬鹿しくなる位の広さだ。

20131124_222124.jpeg 20131124_222124_2.jpeg
ピンクのコスモス畑を見た後も「秋」探しは続く。パークトレインで走ってきた道をゆっくりと歩きながら戻ると、今度は黄色いコスモスの一角に到着。
20131124_222124_3.jpeg
こちらはちょうど良い見頃の黄色いコスモス。 「サンセットイエロー」という品種だった。
折角なので本物のサンセットも見ちゃおうということで、夕暮れの迎え酒を口実に園内の売店でビールで乾杯。せっかくなのでと今回はいつぞやの肉屋のレストランで飲んだことがあるヒューガルデンビールにした。公園法の制約により、輸入モノの瓶ビールは売店でカップに移し替えての提供となるという話。どういう仕掛けでそうなっているのかは、調べてみたもののパッとは出てこない。謎だ。
20131124_222124_4.jpeg 20131124_222124_5.jpeg
ビールを飲みつつ、公園ではしゃぎ回る娘を遠目に見ていると、園内の広場の欅の木の上に、丁度夕陽が落ちてきた。秋の日はつるべ落としの文字通り、あっという間に落ちてきた。秋の日の夕暮れも無事に見ることができ、これにて秋探しはMission completeとなったろうか?
20131124_222124_6.jpeg20131130_090444_3.jpeg
あっというまに日が傾き、肌寒くなってきた。 園内の周回のパークトレインも、今入ってきた列車で終電になる…ということでこれに乗って園内を約7/8周しつつ撤収。終点に着く頃にはすっかり日が落ち、お子様はぐっすり寝てしまわれた。あれだけはしゃげば、無理もあるまい。
こんな手近な所で自然にふれあえるスペースがあるとは大したものだ。季節が変わったら、また行ってみるとするか。その時にはまた違った姿を見せてくれるに違いない。

Last Updated on 2013/12/01