Vision of the future

例によって、衣替えの季節になった。毎度のごとくクールビズの出足は遅く、その一方で女性陣の衣類は着実に無への漸近線を辿っているように見える。肌の露出面積と布地の透明度は右肩上がりもしくはそこから肩がはみ出る勢いかも。
その流れに乗っているのか、はたまた揺り戻しなのかまでは定かではないが、近年は肌の露出を抑える代わりに伸縮&密着素材が頻出傾向にある。何がそうさせているのかは知らないが、繊維の進化も大したものだ。


さらにはそういった密着衣類が、スポーティーという点で支持を集め始めたのか、世の野郎共にも浸透をはじめた様子。体のラインをも衣類の素材に変えるその服は、適度な筋肉があれば、男女を問わず相応に映える。
…この格好、どこかで見かけた記憶がある。機能美を徹底的に追い求めていった果てにある、古風なSF上の未来人の格好に。
誰が考え付いたかは知らないが、当時の未来人は画一でメタリックな、肩にリングの付いた衣類を纏っていた…ような気がする。

Last Updated on 2010/06/01