#100

[image]
ついに血の売り込みが100回目の大台に到達。
高校時代以来時に頻繁に、時にブランクを開きつつ十数年。採血直後に低血圧で倒れたことや、前夜のお夜食でドクターストップがかかったりしたこと等、一筋縄ではいかない事が多々あったが、これほどまでの期間にわたって年々厳しくなる一方の採血基準をクリアし続けたことに、我ながら驚きを感じる。
血の売り込みは一定の回数をこなすと記念品としてガラスのお猪口が贈られることになっているようだが、今回はそれに加えて特注のピルスナーがついてくるという。本人の希望を聞いてから発注し、忘れた頃にやってくるらしい。どんな代物がやってくるかは後日のお楽しみに取っておくとしよう。


帰り際、休憩も兼ねて付近をゆっくり歩いてみたが、予想通り巨人の優勝パレードの賑わいは本体の通過と同時に魔法の如く消えていったが、こちらのマックカフェラテ試飲の賑わいは暫く続きそうな感触。
有楽町での血の売り込みは、何故か楽しい。

Last Updated on 2009/11/22