Failure management

本館( http://whitewing.bitter.jp/ )が障害で止まってしまってから丸々1日以上が経過。プロバイダ( http://www.rim.or.jp/ )側も全力で復旧作業に当たっているはずだが、相当の重傷らしく21時の時点でサーバーは仮復旧止まり。それも、取り急ぎ故障したハードディスクの代わりに別のディスクを繋いで、とりあえずWebサーバーとしては使えるようにした、というだけである。
サポートデスクのお知らせ曰く、お手元のデータを再FTPしていただければ幸甚です…即ち中身が空っぽのディスクだけしか用意できなかったということだ。データのバックアップも難しかったらしい。


アクセス不可のまま放置しておくのも何なので、取り急ぎ仮復旧作業に取りかかる。
まずはテキスト庵( http://www.spacehorn.com/text/ )に登録していた「実況中継」の登録を別館( http://blogs.dion.ne.jp/whitewing/ )に迂回させることとし、その他のコンテンツは手元のPCから空っぽの暫定サーバーに転送。
自作CGIで組み立てていたサイトだが、手元のPCでほぼそのままの形でCGIの動作確認ができるようにしていたのが幸いしたのか、10分少々の作業で一通り動く所までこぎつけた。
だが、本館側の実況中継( http://whitewing.bitter.jp/live/ )のバックアップは7月後半止まり。以降の記事は書き込んだ際に自動で送るように設定しておいたメールからでっち上げてやる必要がある。Perlあたりでそれなりのツールをでっち上げれば比較的短時間で復旧作業は終わりそうな気もするが、サーバーの完全復旧とどちらが早いだろうか…?

Last Updated on 2014/01/13