「北陸新幹線」タグアーカイブ

Buffer


北陸西部にて連日の大雪。これにより北陸から関西中京方面の列車の全面運休と、東回りの迂回ができる措置が続いているが、連休の利用者は結構いたようで珍しく金沢〜長野間の臨時列車まで出る。ひとまず長野まで出てその先どうにかなるのかはさておき、北陸新幹線の余力はかなりのもの。

Regular & extra

北陸新幹線の臨時「かがやき」の新高岡停車が週末のみに変更で少々賑やかな様子。そのあたりをスジをひくツールに聞いたが件の臨時かがやきの付近に関西中京方面の特急との接続が見当たらない「つるぎ700/702/731/733号」が毎日運転で健在、という謎が浮かぶ。その役目は如何に?

Disjointed


長らく使っていたストラップのうち、北陸新幹線の方がチェーンがもげてしまい、類似の品に交換。

一緒につけていた、立川名物 ウドラの方は健在。いずれも現在の自分を表す記号のようなもの…かもしれない。マスコット部分は無事のようなので、週末あたりに補修といくか。

適当な部品があればよいが…

Likely scenario

北陸新幹線敦賀延長で富山駅に折り返し設備を作って増発かも、という話があったようだ。
http://www.jrtt.go.jp/03Tender/System/buppin/koukoku/pdf/217088222s.pdf

その真偽を「スジ」をひくツールに聞いてみたが、1時間に3,4本あるサンダーバード&しらさぎの本数からして今の倍の本数で30分間隔の「つるぎ」も十分あり得そうな感触。

しかし単純に金沢〜敦賀の特急を新幹線にすると敦賀〜米原に極短区間の特急が残る他、加賀&嶺北から東京方面の乗客が東海道経由→北陸新幹線経由に移るかも?、という謎が引っかかる。小松空港対抗等の戦略も織り込み在来線含む大規模なダイヤ改正の予感もするが蓋を開けてのお楽しみとしておこう。

Through a snowstorm


深夜のお仕事待ち。

北陸新幹線のライブカメラが折からの雪煙で粗方隠れる。駅構内も含めて周辺には明かりがあるはずだが、それらも見えなくなる程の横殴りの雪が舞う。

小一時間とはいえ積雪がそれなりにあったのか、赤色灯をつけながら除雪車らしき車輌が丑三つ時の駅を駆け抜けていった。

冬の風が吹き荒れた時もそうだったが、それだけの雪に対しても走行には全く支障はないというから北陸新幹線のタフさ加減は半端なものではない。

Outlet price

帰省シーズンに向けて多少の雪くらいは凌げるブーツを買いに行ったはよいが、大人のブーツが1000円という素晴らしいアウトレット感を味わう。昨年発売のモデルであることが大幅値下げの理由だとか。

8割方浮いた予算はムスコの靴に化ける。靴下共々、お気に入りの北陸新幹線の柄ということもあり、ご満悦の様子。‬

所定の目的を達したとはいえ、店での買い物が馬鹿馬鹿しくなってくる。