Mold form

121008_0016~01.jpg

おにぎり用の型枠を投入。早速手元にあった鮭フレークを混ぜ込んで握り飯の仕込みに取りかかる。少々手間をかければ手握りで丸、三角、俵のいずれも握れなくはないが、大量のストック用おにぎりを仕込むのと、同じ大きさのおにぎりを作るのにこういった型枠は便利。

一度に10個ぐらいをまとめて作り、都度冷凍保存して朝や夜食に充てることとなるが…はたしてこれで自家備蓄米の消費拡大と買い食いの削減には繋がるか…?
暫くは具の組み合わせに頭を悩ます事になりそうだが、くじ引きが出来るくらいにまで作り置きを増やすというのもよさげ。

Last Updated on 2020/05/20