Top-level…?

[image]
メールボックスを開くと、珍しくメールサーバー側でSPAMと判定したメールが受信されていた。発信元はキャノン系ソフトウェア会社の代理店となっており、中身はアンチウイルスツールのPR…である。
この類のメール、既に配信停止にしておいたはずだが…と思いつつ再度配信停止の手続きを取ってみると、配信先停止不可ときた。画面の表示上は既に停止済みとなっているのに何故メールが飛んできた…?


しかも配信を停止しただけでメールアドレスを内部で蓄積したままにしていることになる。
件のソフト「イーセットスマートセキュリティー」は、やたらと記憶に残っている。
以前、ウイルスバスターの後継探しの際に市中のアンチウイルスツールを5~6種試してみたが、それらの中で唯一、起動すらしなかった。これで最高峰のアンチウイルスツールというから大したものだ。
順当に候補から外れて廃棄となったのは言うまでもない。
…というのはもう2年程前の話になり、心変わりを期待しての勧誘メールも鬱陶しくなってきたため配信停止の手続きを取っておいたが、よもやこの時期に再びやってくるとは。
どうやら今回の一件はシステムの不具合だったようだが、また忘れた頃に何かやらかしてくれそうな気がする。

Last Updated on 2010/11/18