Overlap

年末大掃除の時期となった。パソコンのハードディスクの中身とて例外ではない。
外付けハードディスクの投入によりすっきり感と空き容量は向上したが、手持ちの音源は整理の余地が多数ある。ケータイの着うた、MP3、itune、MDなどなど、同じ曲の同じバージョンが複数重複している。自家用車買い換えに伴いMP3などをCD-RWに焼き込んで車中で再生できるようになり、音源の活躍の範囲は結構広がっている。機器と音源フォーマットの組み合わせ爆発の危険性は逆に拡大。


これらはそれぞれがそれぞれで互換性がなかったり、DRMの壁があったりでMP3以外取り回しが全く利かなかったりしていた頃のなれの果てだったが、最近になってようやくそれぞれの間の「通り道」が一通り揃ってきたようだ。
各音源の所在を手元で直感的に把握できるうちに…とitune、MD用sonicstage、ケータイ着うた用sonicstageの整理をかけてみたところ、都合7ギガ、延べ1000曲分くらいはMP3で代用できることがわかり、ごっそり削除。容量は既に余裕がある状態となっていたが、定期的なバックアップの手間も削減できるようになったのは大きい。まあ、音質を気にしなければ、の話だが。
…もっとも、ソフトウェア側の改善で機器間での音源取り回しはしやすくなったものの、まだまだ障壁がなくなったわけではない。記憶容量を無駄なく使うべく、可能な限り音源のデータレートは高くしておきたいこともあり、WAVで音源を確保しつつマニュアル操作でMP3を作って各機器の再生に回している体制は暫く続きそうだ。

Last Updated on 2009/12/06