大クラッシュその後

アイルトン・セナ還らず。医者も手の施しようがなかったらしい。恐るべし魔のサーキット。実は29,30日に1人づつ事故死している。車載カメラの映像ではセナの車がカーブのところで曲がらずに、すーっと壁に吸い込まれていく様子が写されている。「今日ののセナはナーバスだった(後ろを走っていたシューマッハの話)」

Last Updated on 1994/05/02