「オトナのスイーツ」タグアーカイブ

Pier park

IMG_5263 IMG_5265 IMG_52668国道8号を西へひた走り、休憩がてら親不知ピアパークに立ち寄る。

狙ってはいなかったが、ありがたいことに海水浴場と道の駅が併設。道の駅から直接浜に出られる。お子様達は足湯ならぬ足海水浴を味わう一方、こちらは翡翠アイスを堪能。塩と米粒入り。
いつもは海上の高架を駆け抜けていくだけだが、たまの寄り道もなかなかよいものだ。

・・・といった具合にのんびりとしていると、富山の到着予定時刻は夕方となりそうな勢い。すぐ近くの親不知ICから高速に復帰・・・を目論んだはよいが、何故か車のナビは国道8号を糸魚川ICまで戻って高速に乗るべしという。

どういう探索アルゴリズムなのか興味深くなる程の悠長さだ。

Rum

IMG_2598
りんごの器にラムレーズン入りのアイス。
娘ががっつり昼飯、嫁が軽めの昼飯、ムスコがおやつと呼べるかはさておき肉のかたまりを食べている傍で、さほど腹が満たされた感触に乗じてオトナのスイーツ。
ほんのりラム酒の香り漂うソースで至福のひと時。たまには、サヴァラン以外の酔えるスイーツを堪能してみたい。

こういうのが自宅で焼ければ言うことなしだが、オーブンを開けた瞬間からむせ返るようなアルコールの香りが漂うケーキ・・・そんなレシピはあったろうか。

どこかで、表面に塗るジャムのみならず、生地やフィリングも含めてアルコールたっぷりのアーモンドタルトの話を聞いたような気がするが、あれはすでに10年以上もの記憶の彼方・・・だったような気がする。

Orange peel

image1_23.JPG

帰宅後に待ち受けていたのは熊谷喜八氏監修のサヴァラン。
嫁曰く、お買い物の際に偶然目に留まったらしい。毎度のことながら、この方面に対する嫁の嗅覚の鋭さには驚かされる。

オレンジピールとブランデーがたっぷり効いている。どちらもそれぞれ好きな香りを出してくれる素材だが、それが合わさった香りもまたよし。フルーツケーキ等に刻んで混ぜ込んで焼いた形では結構お目にかかったことはあったが、これだけ大ぶりなオレンジピールがあしらってあるのも珍しい。

今夜もよく酔えた。が、お子様のいる前ではこんな代物は広げられない。

Tarte tatin

帰省の折に義妹がタルトタタンを作っていたのと御馳走になったのに触発されてと言ってしまえばそれまでだが、半ば自己流で作ってみた。折も折、嫁の実家から箱買いの林檎が送られてきて食料庫のヌシとなりつつあったのはもっけの幸いである。

生地の大部分を占める林檎は、本筋の作り方ではフライパンで直接焼きながら仕立てていくが、そこは自己流。前の週の内に皮を剥いて保温鍋で蒸し煮にしておいた。大量に出た水分は別途飴状になるまで煮詰めてから元の生地と合わせておいた。
続きを読む

Roving

アルコールのたっぷりきいたスイーツは何度食べても美味。
近場のデパートで京の物産展がある、となれば居ても立っても居られない。必ずといっていいくらいイノダのラムロックが来るからだ。

京で出会って以来のお気に入り…ではあるが、今回は抹茶にも目移り。

image1_42.JPG

もっとも、ビールセットがあればそちらにいっているかもしれない。

Sampler

近くのデパート催事場に京都展がくると、妙に気分が乗ってくる。

生八つ橋をはじめとする和菓子もよいのだが、このところは毎回決まってラム酒たっぷりの「ラムロック」のお持ち帰りに加わっている。
丸の内のイノダまで行って食べに行くほどでもないが、この味はやみつきになる。それを見越してかちゃっかり嫁はお持ち帰りボックスの中にそれを加えていた。

20130309_083341.jpeg

かくして今回も、狂喜乱舞の京土産詰め合わせの出来上がり。

Exhibitionistic

120624_2315~010001.jpg

このところ、頭の中が嫁に筒抜けとなっているような気がする。
嫁がお買い物に出かけた際、店先でサヴァランを見つけて買ってきた。しかも、電気ブラン入りときた。名前を聞いただけで少なくとも一度は飛びつく組み合わせだ。

その日の夜、娘が寝た後で早速試食。箱を開けた途端、いかにも、という香りが漂ってきた。この香りだけでも十分だが、さっそく食べてみる。
並のサヴァランよりもアルコールっ気が強く、よく酔える…のは嬉しいが、やはりこの味と香りは飲んでなんぼ、かもしれない。

Wag-the-dog…?

120512_1351~01.jpg

所用で伊勢丹のお買い物に出たところ、催事場でのイノダコーヒーが目に留まった。

…心安らぐラム酒の香り。想像しただけでたまらない味がする。

お約束に従い、コーヒーとラムロックにしたのだが、これでは本来のお買い物とどちらが本星なのかが有耶無耶になりかねない。
せっかくなのでと仕事場でもイノダコーヒー気分を味わえるよう、インスタント版を仕入れる。店内で出されるものと同様に濃いめに入れて砂糖&ミルクと合わせるのがよい…のかは試してみないとわからない。

In bulk

[image]
娘が来年度から週一で幼稚園の予備クラスのようなものに通うことになり、弁当箱諸々の機材調達に出る。
嫁と娘のリクエストにより、東京駅近くのNHKグッズの店にて某子供番組グッズ一式を揃えることとなった。
勢いついでかこちらが本星なのかは定かでないが、お買い物前に東京イノダでブランチと大人のコーヒータイムをまとめて取る。
モーニング+お子様プレート+ラム酒たっぷりのケーキで親子お腹一杯。

続きを読む