「家庭料理部」タグアーカイブ

Enhance


ようやくの梅雨明け、ここ数日の熱気とそこからくる夏バテに対抗すべく、ありものでカレーを作る。ひき肉、ほうれん草、トマトなど野菜多めなのはいつも通りだが、今回は人参を少し大きめに切って、軽く甘みを残す。食欲増進作用に期待。

Interval


花火見物の合間に肉団子を揚げ、炒めたピーマンと冷凍野菜で黒酢のあんを作る。花火が終わり次第、あんをかけて出来上がり。揚げもののはずなのに、肉団子からは油がしみ出ない。謎だ。

For enjoyment


当夜は焼き餃子を焼く隣で娘が作るサラダを晩飯とする。このサラダは最早お子様達にとっては簡単ともいえるまでになった一品。次の作る楽しみをどこへ向けるかは親の役目、というのは大上段が過ぎるか。楽しく作り、楽しく食べる。そこを外すわけにはいかない。

Appointed


当夜は娘のリクエストにより、ピーマンとベーコンのカレー味炒めを作る。細切りのベーコンとピーマンを、オリーブオイルとカレー味のついた塩をまぶしてさっと炒める。ツナなど、他にもピーマンを食べやすくする食材はあるが、お子様達曰く、これだ、とか。

Minimum unit


出発前のダシ巻き作り。
お弁当用ではあるが、いつもはまとめて数本焼いてストックにまわすところを、今回は卵2個分を使った一本だけ、一発勝負で焼きたてを詰めていく。これだけパッとできるようになれば、作り置きも減らせる…かもしれない。

Fresh

焼きたてのダシ巻きとともに朝食。普段はお弁当向けの冷凍ストック直行の品だが、たまには焼きたてを味わってみたくなる。焼きたてが冷めないうちに、ごはん、納豆、具だくさん味噌汁のシンプルな編成を用意し、準備完了。お受験終了からくる余裕もよい味付けの一部。

Heated

朝顔が開きだして夏の始まりを実感する朝は、radikoを聴きながら冷製パスタを作る。トマト缶に混ぜるだけでパスタソースになる、というソースが出回っており、仕込みは非常に楽。軽く炙った刻みベーコンと共にパスタに絡め、昼飯とする。その気になれば火は要らない。

Onlooking

出発前のほうれん草入り目玉焼き。その気になればパッとできるため、朝食用としても弁当用としても作り置きする程でもない。ここ最近、娘も時折作りたさそうに見に来る。腕前からして教えるまでもなさそうだが、一度やらせてみるか。

Ground meat

当夜はカレー。いつもは少し大きめのコマ切れをよく使うが、今回は冷凍庫のやりくりの妙により鶏挽肉の登場。もう少し肉の量を増やすとキーマカレーもどきになったかもしれない。本場のそれとは違い、相変わらずの甘口ではあるが。

Acid

当夜は揚げ肉団子のあんかけ。肉団子を揚げた鍋の掃除も兼ねて、鶏ガラスープの素と冷凍野菜で餡を作り、仕上げに黒酢を加える。この黒酢、なかなかに酸味が飛びやすいらしく、加熱するなら最後の最後にしないといけないようだ。味加減は一筋縄ではいかない。