「家庭料理部」タグアーカイブ

Heat throughly ‬

‪トマトソースパスタでお昼にする。

今回は娘の数少ない苦手なモノであるインゲンを入れたが、具に火が通ってから軽く15分ほど煮込んだこともあり、当人も気にならないくらいにまで柔らかくなったようだ。
野菜嫌い突破のヒントが見えた気がする。

Suspended game

娘の運動会。
おにぎり、卵焼き等弁当を仕込んで臨んだは良いが、徒競走までで予報通りの降雨サスペンデッド。観戦・観覧需要の多い個人種目と団体表現種目を先に消化した形で今日は終了。

残りは週明けに順延となり、Radikoを聴きながら自宅で弁当タイムとなった。

Best suited

久々に作るかもしれない、インスタントラーメンの雑炊。

ベースは毎度おなじみのイトメン のちゃんぽんめん。
今回は香りづけと風邪対策を兼ねてネギと生姜を足す。色々と素体のラーメンを試してみることはあるが、やはりこれが最もしっくりくる。

Simplified

朝から保温鍋で煮込んでいたカレーの出来上がり。
中身は肉と玉ねぎと人参とトマト缶だけにし、いつものほうれん草やしめじなどは抜いた種類控えめのシンプルな編成としたが、昼間に2、3度火を入れつつ煮込んだこともあってか、いつも以上に甘みが増している。

Fried egg

夜のカレー用に肉などの具に火を通しつつ、隣で堅焼き目玉焼きを作る。

朝は混ぜごはんと具沢山の味噌汁との組み合わせのため、今回は具なしのシンプルな目玉焼きとする。
カレーの具の方は、これから保温鍋でじっくりと煮込みにかかる。

Dark

当夜はミートボールのトマト煮。

今回は冷凍ストックの黒豆を混ぜてみたが、色合いがデミグラスソースよろしく少し茶色に寄った仕上がり。豆の黒は、見かけ以上に濃厚のようだ。

味付けはいつも通りのさっぱりコンソメベースだが、パッと見では別のものに見えなくもない。

Favorite (another material)

晩飯で余ったキャベツを甘酢酢漬けに仕立てるべく、キャラウェイシード共々瓶に入れる。
今回は元々のキャベツが大きかったようで、保存瓶2つ分ができた。
食べ頃までは約2週間だが、娘のお気に入りの一品故、消化完了は今回も早そうだ…

Meat for grill

信州土産の「とりじん」を唐揚げに仕立てる。

元々は焼肉用のタレ漬け鶏肉の冷凍パックだが、ニンニクが効いており、唐揚げの材料としても使える。肉は3〜4個で唐揚げ1つ分相当のため、ある程度まとめてかき揚げの要領で揚げる。刻んだキャベツと一緒に一杯。

Enjoy the little souvenirs

名古屋出張土産の鶏めしの素を試す。

炊き込みでも使えるが、混ぜごはんにもなるとの触れ込みにより、今週のムスコの弁当に採用。
味見代わりに朝にも一膳取り、甘めの味付けの鶏を堪能したのち、作り置きのおからなどと一緒に弁当箱に詰めて出発。

Pomace

子供達が寝た後で仕込む炒りおから。

野菜ミックスと刻み竹輪、ネギなどを混ぜ炒め、ダシつゆで味をつけて水分を適宜飛ばしつつ胡麻油で香り付け。出来上がりは3分割して2つは冷凍。娘のクラスでは育てた大豆を使い豆腐を作るようだ。おからの行方を考えさせるのも手か。