「車窓から」タグアーカイブ

Product of chance

一晩休息の後、富山へ移動開始。更埴付近で助手席カメラの頭上を新幹線が駆け抜けたり、松代でお昼を取ったら、おまけでエコバッグが付いてきたりなど、偶然にしては色々と出来過ぎ。

更埴付近

タイムラプス

Caarm … ?

帰省往路の車窓から。八ヶ岳から先は平穏そのものだったが、甲府手前では視界ゼロの豪雨。あまりの激しさに、陸橋下等で雨宿りするライダーがちらほら。カメラを回していない時に限って何かが起こるが、お守りのような作用がある…かどうかは定かでない。

Preview

帰省先発組の娘とムスコは、お昼前に嫁と共に出発。このところ回しっぱなしだったエアコンを休ませるべく、外へ避暑に出る。のんびり普通列車のグリーン車で涼みがてら車内販売のバスケットをチラッとみると、品揃えは特急のワゴンとそっくり。数年後の予定の中央線グリーン車のPreview?

Touch

日帰り出張と折からの暑さに便乗し、移動中の車中で駅の売店で買った元シンカンセンスゴクカタイアイスを積み込み、その硬さを試す…までもなく普通の手応えであった。暑さのためか、程よい口どけ。しかし車内販売はこの列車にはなかった。アフォガートもどきはお預け。

Degenerate


‪車中でのコーヒータイム…ではあるが、メニュー縮小の特急&東北・上越新幹線の車内販売に対し従来通りのフルメニューであった北陸新幹線は臨時列車のみ終了のお知らせ。各路線とも営業形態は手探りとみえる。引き続き、列車のオトモは車販で狙う。どこまでいけるやら。‬

Hail


帰京日。中央道恒例の小仏付近の渋滞を極力回避すべく夜間の移動としたが、帰宅後の雹までは全く考慮していなかった。庭に残っていた雹は雪が積もっていたように見える程の量で、粒もそこそこの大きさ。走行中に遭わなかっただけましとすべきか。庭に出していた鉢植えが気掛かり。

Nightfall


実家へ向けて移動中の米山SAに寄る。日が落ちる直前の曇り空ではあったが、佐渡島と不夜城らしき柏崎刈羽はくっきりと見える。いつ雨が降ってもおかしくはないが、海は荒れておらず風も穏やか。チューリップは高台の花壇で静かに夜を迎える。次回の晴天に期待。

Long-awaited


実家へ向けて出たは良いが、渋滞によりサービスエリアへの到着および昼飯は15時となる。しかし待った甲斐がある一品が来たようで、全粒粉うどんとかき揚げのセットは地元の素材で固めた一品であった。少し太めでコシが強い。食べ応え充分。一息ついたら国境のトンネルに向かう。

Landing


空路高松に降り立つ。このあと更に車で移動しとんぼ返りの日帰り仕事ではあるが、中学以来の四国上陸を果たす。…あの時は与島折り返しだったか。距離感の割に以外と呆気ない短さのフライトである。短時間でどこまでこの地を楽しめるかは、やってみてのお楽しみ。

Stick out

久々の高崎出張。市街地の向こうに頭を出すあの山は、浅間だったか妙義だったか。駅ナカの黒ダルマは健在。当地は鳥料理も有名だったとか。なかなかの焼き加減。