「comoパン」タグアーカイブ

At unusual places

120822_1817~010001.jpg

毎度おなじみ小腹の友となっているあのパン、よもや市中に期間限定品までは出ているまい…と思いきや、思わぬ所に転がっていた。東京メトロの地下売店に、夏期だけ出回っていることになっているメロンクリームのパンがあった。

地下の売店は店先のストックの量こそ少ないものの、意外と出先の自販機よりも種類が多い。
…23区内の至る所で売り出していれば、それなりのスケールメリットも出てくるか。
滅多に利用しないこともアリ駅のホームの売店にパンが置いてある…というのには気付かなかったが、コンビニ化した売店が増えている流れをみると、ありえない話ではなさそうだ。

Nearly sold out

120817_0931~010001.jpg 120813_2009~010001.jpg

世間様はお盆休みが一段落した頃合いのようだが、出先は海外からの方々が多いせいかお盆休みの観光地ほどではないがそれ相応の賑わいが続いている。

…ということもあり、自動販売機のパンもはける速度はいつも通りの一方で、補充はお盆休みによりストップ。いつもどおりたまのブドウ糖補充に行ってみると、その度に減りが加速しており、残り僅かとなっていた。明日にはカラとなっているに違いない。出先から最寄りのコンビニの類には歩いて片道10分位はかかるので、予め何かしらを日持ちに注意しつつ積んでおかねばなるまい。

パンに限らず他の自動販売機も完売御礼となる品が続出。
今度の補充は結構大変…に違いない。

そういう意味では自家製おにぎりを積み込んでいくのが一番安上がりだが、投入はもう少しあとだろうか。

Myriad…?

120726_2040~010001.jpg 120724_2027~010001.jpg 120727_1817~010001.jpg

出先のパンが小腹の友兼頭痛薬もどきとなり始めてからはや1ヶ月。食べた種類はそれなりに上り、定番も 変種も平らげてさながらcomoパン博覧会の様相を呈してきている。

一体何種類あるのかと発売元で情報を漁ってみると、軽く15種くらいには上る様子。これまでに定番から変わり種までざっと半分位は押さえたことになるようだが…さすがに限定品までは出先の自販機では扱っていないとみえる。通販もやっているようだが、そこまでして食べる…気は起きない。

全種類コンプしたところで何かがでてくるわけでもない。

Painkiller…?

120711_0936~010001.jpg

どうしたことか、仕事場に着いてから頭痛。風邪…かと思いきや、手に軽い震え。間違いなく低血糖。
朝飯が足りなかったか、はたまた水分が多すぎたか…はさておき、こんな時こそあのパンで補給だ。アンパンは生憎はけているようなので、いかにも甘そうなクリームパンを投入。程なく頭痛と震えは去った。

…あれが頭痛薬? それにしては風体が薬らしくない。

Eat like a bird

120708_2046~010001.jpg

ここ最近、晩飯がお夜食もしくはおやつレベルと化してしまっている。あるいはComoパンの博覧会か。生協のお取り寄せでもたまに扱っている位なのであまり変なものは入っていなさそうだが、その一品だけ、というのが続くのはあまりよろしくない。食べないよりはましだが。

明日は年に一度の定期検診。21時以降は絶飲食となっているためとりあえずはこのパン1つと水筒のお茶で翌昼までを凌ぐこととなるが、果たしてこれで体がもつかは定かでない。先日の献血での検査結果が示す限りでは、今回の検診でもこれといったデータは出なさそうな感触だが…

Deadline passed

120627_1912~010001.jpg

出先の自動販売機で売られているパンの賞味期限が翌日に到来…しているが、当の自販機には若干期限間近のパンが残っているようだ。
さすがに全部買っていくというのは無茶が過ぎるので、いつも通りブドウ糖欠乏症を一時回避できる最低限に留めておく。せっかくなので賞味期限間近のものを選択。

翌日、昼過ぎに当の自販機に行ってみると賞味期限を過ぎたものは全て撤去されており、代わりに新しいパンが補充されていた。流石に賞味期限を過ぎたものは置かないか。

Become due

120624_1913~020001.jpg

出先の小腹の友は、自動販売機で売られている。特に冷蔵はされていないというか、必要のない商品なのかも。
今回も長持ちの謎解きついでに小腹を埋める。一般にメロンパンは高カロリーなので、補給にはうってつけだ。

…よくよく袋をみると、賞味期限到来間近。特に味が変わったとか、薬品がどうのこうのといった反応はなさそうだが、当の自動販売機には同様に賞味期限が迫っているものが複数ある様子。売れ筋とそうでないものが極端に別れているようだ。
それなりにストックがあるようなので、様子を見てみるとしよう。はけるのが先か、はたまた賞味期限が来るか…

Sleuth

120622_1822~010001.jpg

出先の小腹の友は毎度毎度パンらしくない長持ちっぷりが気になる。普通のパンはもって数日。それいぜんに大体はける。それ以上もたせるなら冷凍は必至。食パンで割とよく使う手だ。

こういったものを長期間保たせるには、袋の中に特殊なガスを入れたり、あるいは水分や酸素を抜いたり、pHを調整したり、保存場所の温度を調整したりなどなど、それなりに化学 or 生物学的な仕掛けを施しておく必要がある。しかし袋の外からはそんな仕掛けは見当たらない。かといって生地に添加物として記載しなくても済む程ごく微量の薬品…がはいっているわけでもなさそうだ。薬の臭いがしない。…でなきゃ生協で取り扱うわけがないか。

あとは発酵食品よろしく酢やアルコール、炭酸ガスといった、天然系の保存料の組み合わせを使う…となるが、それで本当にパンが保存できるのかは謎。