「中央線高架化」タグアーカイブ

Through the night

[image]
ただいま西国分寺~立川間の線路切替作業中。国立駅手前では、東京行き上り線のつなぎ換え作業の真っ只中。
暗闇の中にはパワーショベルの様なものやクレーンのようなものなど、世間様でお目に掛かることのできるものとは少々違う出で立ちの機材が多数配置されているが、多数の作業員が手作業でレールを動かす様は圧巻。
[image]

続きを読む

Transportation arrangements

所用で国立へ向かったところ、手前の国分寺で列車を下ろされた。どうやら、国立駅高架化工事に引っかかってしまったらしい。
[image]
予告通り夜9時台後半以降は全ての列車が国分寺止まりとなっており、そこからは西国分寺~国分寺および高尾~国分寺間を往復する列車のみとなっていた。それぞれ、工事に関係のない線路を片面だけ使った折り返し運転となっており、普段はありえない「逆走」も体験できる。

続きを読む

All systems go?

[image]
中央線の国分寺~立川間の高架切替まであと2週間となった。西国分寺付近の切替工事現場では、切替工事用にクレーンや枕木などの資材機材に、補充用の砂利が用意されている。
この他、終電後の時間を使って予め移設予定の線路付近の砂利を適当にほぐしておく作業も行われている。
予告時間通りに作業を終わらせるべく、切替工事の準備は着々と進められている様子。

続きを読む

Face round

娘の顔見せで国立の駅に足を運ぶと、東京行きの線路の高架ホームは粗方できあがっていた。
[image]
地上を走っている線路の高架への切替準備は殆ど済んでおり、あとは駅ホームに表示板や案内板などの設備取付を若干残すのみ。予定では3本作られる線路のうち、2本ができあがったことにはなり、今日現在地上を走っている線路も高架に上げることができる。踏切や、狭い通路とも、おさらば…となるかもしれない。

続きを読む

Overhead

[image]
所用で国立駅の東京方面行きホームに降り立つと、やけに頭上が重たいような視覚がする。
何か重たい、大きなものが横たわっているような感触…
既に高架化された立川・高尾方面行きホームに行ってみると、現時点での東京行きホームのすぐ頭上、いずれ東京方面行きホームができる場所に、鉄骨が組まれていた。ゆくゆくは駅を覆う屋根になる骨組みだった。まだ骨組みだけで屋根板は葺かれていないが、作業用の足場のおかげで1つの壁となって見える。

続きを読む

Finishing operation

[image]
武蔵小金井に来ている。待ち人はまだ来ない。
到着および合流予定時刻までまだ少々間があるため、改札口付近から少し離れる。
この付近の線路は既に高架に切り替わってはいるが、工事自体はまだ終わっていない。いつもの列車の中からは白い仮設の壁のみしか見えないが、その向こうではかつての地上仮設ホーム跡および橋上仮設駅舎の解体と、その真上に高架ホームの増設工事が同時に進んでいた。

続きを読む

Boards…?

[image]
所用で国立に出かけると、駅の高架化工事の後半戦が行われていた。東京方面へのホームを高架本体に据え付け始めたところのようだ。
非常時の待避場所確保のためか、工事費を最低限に抑えるためか、はたまたその両方なのかまでは不明だが、ホームというよりも櫓もしくは桟橋のように見える。その平面の広がりだけでいけば、舞台…のように見える。
位置取りと天候にもよるが、富士山がよく見えるに違いない。

Unsettled

[image]
前夜から中央線の高架切り換えが行われていた。今回の工事で三鷹から国分寺までの間はひとまず工事および踏切でのトラブルからは解放されることになる。
眼下を見ると、真新しい線路に何事もなかったかのように列車が入っていく。見たところ工事は恙無く終わったようだ。
もっとも、これで工事が全て終わったわけではなく、武蔵小金井の駅はまだ1/4が未完成。
前夜まで使っていた線路と仮設駅ホームの撤去はこれからであり、踏切がなくなったとはいえ中央線名物飛び込み人身事故との闘いは当面続く。

Wrap up…?

[image]
仕事を終えて国立駅に戻ってみると、週末から動き出すことになっているはずの高架駅舎に明かりが入っていた。
よもや予定繰上げでオープン…ということはあるまいかと駅構内の地平ホームから見上げてみると、電光掲示板には「調整中」の文字。どうやら最終テストの真っ最中らしい。駅構内も仮設の壁が取り払われて階段部分が見えるようになっており、遮るものはフェンスのみ。

続きを読む

On limits

[image]
年明けに南側半分の完成を控えた国立駅の中に入ることができた。昼間に近所の方向けに見学会を開いていたようだ。
仮駅舎脇の駐輪場と駐車場の間の路地から高架下に入ると、工事作業用のスペースに工事開始からの付近の様子の写真パネルが展示されており、その先に受付が設けられていた。
受付でヘルメットを受け取って順路に沿って進み、通路を抜けると、その先には年明けから共用されることになっているエスカレーターが動いていた。やたらと長い…

続きを読む