「チロルチョコ」タグアーカイブ

Shaved ice…?

[image]
ガチャピンとムック、再び手の平に帰ってきた。半年もしくは1年位前にお目にかかって以来だろうか。
味はメロンとイチゴの至って順当な中身だが、今回はかき氷に見立てた何かをチョコレートの中に忍ばせてある様子。
食べると確かにクラッシュアイス風かき氷を思わせる何かが入っているが、その正体探しは次回のお楽しみに取っておくとするか。
8月あたりまでは店先に並んでいることを期待しつつ…

My chocorate…?

[image]
手を換え品を換え、ちょこちょこ続々と新手が出てくるチロルチョコ。
よほどのことがないか、はたまたかなりベーシックなものでないと季節のお祭りのごとく瞬く間に目の前を通り過ぎてゆく…かにみえたが、なぜか帰ってきたきなこもち。
昨年一度お目にかかり、アンコールとばかりにパンになった「きなこもち」はこれでもかというくらいに味わったつもりでいたが、今度は抹茶と共に「舞チョコ」としての登場の由。嬉しい限りだ。

続きを読む

Reemergence

[image]
深夜の帰宅、晩飯代わりの糖分補給で冷蔵庫のストックから「舞チョコ」を取り出す。
昨年登場した「きなこもち」のチロルチョコが一回り小さな通常版サイズになり、抹茶味のチョコレートとペアで帰ってきた。中身は、きなこか抹茶かの違いくらいで、求肥の芯は一緒らしい。
何かの流行なのか、昨年某コンビニ限定で登場した「きなこもち」のパンがとあるパンシリーズのラインナップの一部となって各所で売られるようになったが、どちらも体に染み入る結構な甘さであることは違いない。

Fully fed

[image]
春にむけて準備はすでに始まっているのか、チロルチョコに新手が続々出ている。
中身は普通のクランチだったが、パッケージのコピーに思わず笑ってしまった。
あなたへの愛でマンプクです
あなたの愛、募集中
その日まで、あと10日。

Angel of spring

[image]
春にむけて準備はすでに始まっているのか、チロルチョコに新手が続々出ている。
このさくらもちもその一つで、いつぞやのきなこもちを思わせる求肥の芯のまわりに桜餅の香りのチョコが入っている。桜の葉の塩漬け風の軽い塩味と相まって、早くも春気分。
またこれも某所でパンになって売り出されていたりするのだろうか…?
桜餅風のパンも市中のパン屋で作られているようなので、存外にお手軽にできるかもしれない。

Carnivora

[image]
妙なものを見つけてしまった。中身こそ普通のイチゴとメロンとビスケットの入ったチロルチョコなのだが、包み紙がガチャピンとムックになっている。
昔、ガチャピン名義で「たべちゃうぞ」というレコードが出ており、「わるいこはたべちゃうぞ」という現在の姿からはおよそ想像もつかない歌詞や、数年前にテレビで紹介されて再び注目されたことは記憶に新しいところだが、これではこちらがガチャピンを「たべちゃうぞ」である。

Quite unlike

[image]
また妙なものを見つけてしまった。包み紙はポンジュース、中身はチョコレートと銘打ってある。
オレンジのチョコレート…あまりピンと来ない。
中をあけてみると、オレンジ色に染まったチョコレートが出てきた。甘さ控えめだが、どことなくオレンジを思わせる味と香りはついていた。そして中にはオレンジ味のグミらしきものが入っている。
そろそろネクタイが鬱陶しくなるこのごろ。食べる前に軽く冷やしておくといいかもしれない。

Grow mammoth(2007:cont.)

[image]
[image]
今年も、というべきか、チロルチョコを模したパンが登場。
昨年も登場した「きなこもち」が出たとあっては飛びつかないという選択肢は実質無い。
昨日全種類購入していたが、賞味期限の順番に食べたために残っていた「ミルクチョコ」と「きなこもち」を食す。
…あのきなこの味はやみつきになる。期間限定などとケチなことは言わずに、年中出てもいいくらい。

Grow mammoth(2007)

[image]
[image]
今年も、というべきか、チロルチョコを模したパンが登場。チョコの方でも食べた「京きなこ」が出たとあっては飛びつかないという選択肢は実質無い。
早速全種類購入し、本日は賞味期限の順番に「ホワイトチョコ」「京きなこ」を食す。
…至福の一時。