「ビール」タグアーカイブ

Keep overnight ‬


当夜は揚げ肉団子の甘酢あんかけと、ほうれん草+ささがきごぼう+刻み揚げのおひたし。お弁当のおかずも兼ねた一品をお供に、かぼす入りビールで晩酌とする。薄揚げが思いのほかふっくらしているためか、投入量に見合わぬ存在感を出している。

Fill a gap‬

パッと済ませる急ごしらえの晩飯。栄養バランスは二の次で、作り置きの炒飯風混ぜごはんと、フリーズドライの野菜を入れた味噌汁でそれらしき形にもっていく。所要時間は約10分。
一段落したところでかぼすビールを展開。

Green shoots‬


庭のミョウガの芽吹きを眺めつつ、当夜はかぼす入りビール。いただきもののかぼす果汁の使い道を探っていたところに、数年前に高円寺で知った味を、今になってふと思い出す。かぼすの味と香りの強さは記憶していたもの以上だったようで、小さじ1杯くらいで十分だったようだ。

Still


当夜はおかずと肴を兼ねた肉団子のトマト煮込み。晩酌にはビールを付けたが、今回はそのおまけで来た手動泡立てサーバを試す。ノズル内でビールを攪拌してキメの細かい泡を仕立てるとの触れ込みではあったが…細かさや持ち具合は超音波式のサーバ程ではなかったようだ。

Control balance‬


当夜はトマト缶とツナ、冷凍野菜ミックスを合わせ、ほうれん草を少々足してトマトスープとする。食べ疲れと三寒四温に備えた体調コントロールメニューではあるものの、いつも通りおかずと肴を兼ねた作りとしており、信州土産のビールはきっちりいただく。

Seek


松本の駅弁、月見五味(ごもく)めしに数年ぶりの再会を果たす。ワカサギや山菜などの山の幸がコンパクトにまとまっているこの一品、敢えてそうしているのかは定かでないが、信州やご当地エキスを前面に押し出していない。が、気がつくとはけている。何がそうさせるのかは謎。

Snowscape(cont.)‬

‪春休みを嫁の実家で過ごすムスコを連れて行ったはよいが、朝からの雪は穏やかながらも続く。この程度の雪では帰りのスーパーあずさE353系の走りには影響ないようで、諏訪のビールをお供につけた雪の信州からの蜻蛉返りは、先代の醍醐味でもあった車体の傾きを殆ど感じず。‬

Excuse

‪雛祭りのお祝いと称し嫁と娘のリクエストにより回転寿司に赴く。困った時の寿司頼みと、それによる食材やり繰りの繰り延べを避けるべく、我が家においては平時の握り寿司買い食いは禁じ手としており、行くからには何かしら口実を付ける事としている。吉例に従い、中ジョッキと共に頂く。‬

Stalk

活用例をあまり聞かないブロッコリーの軸も炒めれば美味。当夜は鶏ひき肉やベーコンなど、冷凍庫の余り物と炒め、カレー仕立てでいただく。大きめに切った割には、歯応えと柔らかさのバランスがよく、お子様達にも好評の様子。無駄のない…というのはいつも良い響き。

3 in 1

当夜は三種混合サラダ。お値打ちで仕入れたチョップドサラダの素にマカロニと、その茹でついでのお湯につけておいた野菜ミックスを足してマヨネーズで味付け。常備品としてもマカロニはなかなか使える。カレーと豆もやしの卵炒めもできたら、晩飯の時間だ。