昼の納豆

お料理大好きの私のメシはほとんど自炊である。本格的に始めてからそれほど月日はたっていないものの、エビピラフを炊き込みでつくってみたり、「釜飯の素」にちょいと手を加えてみたりなど、やってる本人としては、結構楽しんでやっている(つもり)。外食の半額程度で済むのがうれしいところだ。
しかし、例外ってぇのもきっちり存在する。さすがに平日の昼メシだけは校内の食堂で済ませている。50分の時間でメシをつくって食って…….となると、少々キビシイ。弁当をつくって持っていくという手もあるが、ホカホかのほうがいいなぁ、というわけだ。1食あたり400円弱の出費也(泣)。

続きを読む

満天の星

たまに夜空をみると、いいもんだ。お月見ってのもいいけど、満天の星なんてのもいい。
オリオン座、北斗七星、天の川などなど、星にまつわる伝説は多い。それだけ人の心をつかんで離さないものがあったのだろう。
ところで、これら伝説になっている星の数々は他に比べてよく目立つ。見ていても結構明るい。「星の等級」を知っている人もいるだろうけど、この等級、6つずれるとちょうど明るさが100倍変化する。なかなかおもしろい。

続きを読む

危機

おいらの住んでる寮には世界各地からの留学生がいる。そん中の1人に、お隣韓国からおいでのBさん(仮名)がいる。”PeaceNow”を熟読している皆さんはここらへんで話が松代(大本営跡)の方へ向かうんぢゃあないかと思ふかもしれないが、今回はさにあらず。故にあしからず。
ここ日本にはこんなことはないからピンとこないかもしれないけど、韓国には「兵役の義務」がある。事情が事情だし(詳細は割愛…..するまでもないか?)。

続きを読む

太陽の裏の裏の流星

うさぎは思った。「あぁー、あの島へ行きてぇー。」
と、そこへ頭のよくなさそーなワニの御一行様登場。そこでうさぎは自らを神の使ひと称し、ワニに乗ってまんまと海へ渡る。そして無事帰還を果たす…….と思いきや、正体ばれて怒ったワニ達に自慢のサラサラヘアーを残らず抜かれてしまう。
うさぎ、シークシクシクシクシク…….となっていたところ、通りがかりの神様に助けられ、ガマの穂でなでてもらってうさぎは無事に元のサラサラヘアーにもどったのでちた。めでたし、めでたし。

続きを読む

バレンタインデー

「合コンがなんぼのもんじゃい。男ならビシッとスカせ。」
「クリスマスがなんぼのもんじゃい。日本男児はお正月。」
昨年復活したまほろばノートに「料理番長」なる方が書いた記事である。もし、その「料理番長」にあの日が訪れなければ、奴は今頃こんなことを書いていたかもしれない。
「バレンタインデーがなんぼのもんじゃい。日本男児は節分じゃい。」
あの日が……というのはその「料理番長」が「彼女から本命チョコをもらった……」ということではないのであしからず。

続きを読む

「殴り込み」

・「兄貴、大変です!」
・「どうしたァ?」
・「な、殴り込みです。」
・「何ィ?、兵隊(部下、仲間の類)集めろ!急げ!」
殴り込み、といってもここではヤのつく恐い人たちのするようなアレぢゃあない。単なる「言葉のあや」…..みたいなもの故、あしからず。
ほんのついこのあいだまで、私は「まほろば」を「オーバーフロー」から読むような、どこにでもいそうなごく普通の読者だった(どこが?)。
ここに来たのも思いつきの類で、思い立ったのは「れっつぷれいまほろば」を笑いながら読んでいた時のこと。その時点では冷やかし半分といった具合である。全く、きっかけというのも恐ろしいものだ(笑)。

続きを読む

お引っ越し

年度が明け、進入寮生と入れ違いにさらばこまくさ寮。荷物はコンテナ数個と自転車と布団のみ。軽トラック半分にもならず。荷物の大半は石橋氏の荷物。タイヤにコンポにけっこうあるな~。結局松本-長野間を3回往復。早朝から始めたつもりが長野に落ち着いたのは夜。軽トラックって風に弱いんだね。坂道で時速60キロまで落ちたときにはさすがにあせった。

記念

今日は夕刻に富山へ出かけるつもり(切符もとった)だが、成分献血をしてきてしまった。看護婦さんの話では長野にも献血ルームがあるらしい。ちょっと遠いけど、暇を見て探してみるか。松本血液センターの皆さんに感謝。

あほう

コピー機がご機嫌斜め。5,6枚取る毎に1回は詰まる。最大12回は連続で詰まったかな。
一度に700枚近く(たぶん)コピーを取った自分も自分だが。
つまった紙は事務室のメモ帳にしておいたから文句は出ても大したことない・・・と思う。

主に綴るは、食う、練る、遊ぶ。時折親馬鹿。Lolipopはこの輩の道楽にどこまで耐えられる?