「実況中継」カテゴリーアーカイブ

Single-handed


娘が家庭科の宿題で茹で野菜サラダに挑む。少し時間はかかったが、人参とキャベツとブロッコリーを自力でカットし茹で上げ、ドレッシングも自作。その様子を横目に鶏ごぼうを煮るが、こちらは後日の炊き込み用の舞茸入り実験バージョン。晩飯は納豆と共に。

Flake

某月の車中で試しに買っておいた、富山の鱒を使ったまぜごはんの素を試す。ほぐし身が入っているかと思いきや、醤油タレに使った切り身が一切れ丸々入っていた。これを好みの大きさにほぐして混ぜる寸法。生姜も効いているが、刻みネギも合わせてさっぱりめに仕上げる。

Fillet


久々の出社日。時差出勤で仕事の終わりも少々シフトしたこともあり、晩飯は手早く焼き鮭と乾燥野菜多めの味噌汁。ストックの鮭の切り身は値段の割に結構な厚みがあったようで、シンプルながらもご飯のおかわりには十分な材料。ムスコは腹一杯になった様子。

Revise


豚肉で野菜炒めを作るつもりで冷凍ストックの肉の日付の最も古いものを解凍してみたら、牛薄切りの切り落としだった。前日若干余った牛丼もどきと同種の肉でもある。火加減を可能な限り弱くして野菜の歯ごたえを残し、ドレッシングをかけて食べる、ホットサラダ風とする。

Create an atmosphere


当夜はカレーと決めていたが、在庫の牛切り落としの薄さからの閃きで玉ねぎの一部と共に別鍋でダシつゆ、みりんを振りつつ蒸し煮にする。水気が出たところでごく弱い火にしつつ、本来のカレーもトマト缶と冷凍野菜ペースで作る。今回は牛丼屋のあいがけ風。

Mix lightly


今日のお昼も手早く仕上げる。食糧庫にあった混ぜるだけピラフの素に、鶏挽肉と冷凍野菜で具を追加。少し火を入れて水分を飛ばす。追加のおかずに、スライスきゅうりの鯖味噌煮和え。仕上げは胡麻の代わりに雑穀ふりかけ。各自お手盛りとする。

Reserve


当夜は前日の煮物の残りと、お値打ち鰤の塩焼き、娘の家庭科の課題のほうれん草のお浸し。今日こそは、と某月の出張帰りの車販で買っておいた獺祭の45を開封。当日は嫁も娘も唖然の反応だったが、今となってはとっておき。買っておいてよかった。

Breaking ball


当夜は凍み豆腐と根菜などの煮物、作り置きの炒りおからに嫁の発案でツナマヨを追加で和えたものと、冷凍庫からの唐揚げで晩飯とする。普段の流れからは変化球だが、むしろ今後の主力としていきたいところ。…ムスコの食いつきが課題だが。

Slack-off


当夜はシンプルに2品のみ。具を大きめにした鶏ごぼうの炊き込みご飯と、豚汁。炊き込みご飯はストックしてあったごぼうと人参の細切りをカットした鶏肉共々直接釜で炊く。豚汁はダシ入り味噌の代わりにインスタント味噌汁を使用。よってワカメ入り。

Shredded


当夜は肉野菜炒め。肉は焼肉のタレの余りに予め漬けてあったが、お子様達の青椒肉絲を食べてみたい、の声をヒントに元の切り落とし肉を細く刻んでみる。火の通りが早まった他、肉汁の溶け出しが多くなり、キャベツや舞茸に絡んでスープ共々ご飯のよいお供となった様子。