Make no sence

親不知から頸城へのトンネル区間を抜けて名立に到着。お昼は鰤の新潟名物タレカツ丼仕立てでいただく。折からの40℃近くの熱波と人の出入りの多さで店内の冷房が無効化され、体感は外と同じ。待ち時間もスタミナ勝負の様相。ガッツリ昼飯が吉と出るか凶と出るかは定かでない。